2009年04月27日

水虫 その1

水虫という俗称は、田圃で仕事をしている農民が、自分の足に小水疱ができてムズムズして非常に痒いので、この原因は田圃の水の中にいる虫に刺されたと思い込んだことに由来します。

という具合に、水虫の名前の由来は解説されています。
ということは、日本における水虫とは田圃で働く農民の職業病のようなものであったのでしょうか・・・

欧米は田圃では無く畑なので水虫とは無縁かと思いきや、athlete’s footなる俗称があります。
これは、運動選手に多くあらわれた足の症状から命名されたものと思われます。

水虫は今では「 白癬菌による感染症 」と解明されていますが、感染する場所によって呼び方が違うのも日本独自の文化でしょうか・・・

例えば、太股の内側や陰部に感染すると日本では「 陰金(いんきん) 」となりますが、英語ではathlete’s Jockとかathlete’s Crotchと想像しましたが、これはただ単にJock itchとかCrotch rotと呼ばれるようです。

jockとは男性の性器を現す所謂卑語で、感覚的には日本語のいんきんに非常に近いようです。

水虫の正式名称はTinea Pedisで、この名称が使われたのは1888年のことだそうです。
つまり、水虫と言う「病気」は未だ一世紀をやっと経たという病気のニューフェイスでもあるわけです。
【関連する記事】
posted by tsumemizumushi at 15:16| 水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のゲーム機
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。